セフレサイトの安全性は?

セフレサイトやセフレアプリが便利なツールである事は間違いありません。
ですが、その便利なルールが利用する上で安全なのかどうかも、重要なポイントだと言えるでしょう。
ただ答えは絶対に安全だとは言えず、リスクを伴うという事を理解しておきましょう。
まず悪質サイトの存在は無視する事が出来ません。
サクラの被害にあう、個人情報が流出してしまう、ツールを悪用した悪い人に詐欺や美人局の被害にあう事だって可能性として存在します。
また優良サイトを利用出来て、相手もまっとうな人だった場合でもリスクがないわけではありません。
それはセフレサイト、セフレアプリを利用している人は、1人の相手とだけセックスをしている人と比べると不特定多数の人とセックスをしているために性病の感染のリスクが高いと言えるでしょう。
本人に自覚症状があるのか、それとも潜伏期間中で本人にも自覚症状がない場合もあります。
ですが性病に感染している相手とセックスをするという事は、性病に感染する可能性があるという事です。
病院へ行き治療を受ける必要があるかもしれませんし、時には激痛に苦しむ事になるかもしれません。
そう考えた時に、安全だと断言する事は出来ません。

同時進行のアプローチが基本

例えば日常生活でA子さんにアプローチをしているのに、同時にB子さんもデートに誘う。
これでは2人同時にアプローチをしている訳なので、その場合非常に不誠実な人となってしまいます。
いくら気が多い人でも、アプローチする相手は1人であるべきです。
しかしこれはあくまでも日常生活に限った話です。
もしここがやれるアプリだとして下さい。
1人の相手にアプローチしている間は他の相手にはアプローチしない。
1人がダメだと判断してから、次の相手にアプローチを始める。
それではセフレが出来るまでに果てしない時間がかかってしまうでしょう。
この場合は、同時進行でアプローチするべきです。
まず同時進行で行う理由は、返信率が低くダメな可能性が高いので、とにかく数で勝負となってしまうためです。
そして同時進行でアプローチしていても、それがA子とB子にそれぞれバレてしまう心配はありません。
もし日常生活の中であれば、共通の知人がいたり、デートに行った場所で偶然別の相手と出会ってしまったりと行動範囲がかぶる可能性があるので、同時進行している事もバレやすいのです。
日常生活とアプリを利用した出会いでは、アプローチに対する考え方も違うという事を理解しておきましょう。

女性だってセフレが欲しい

男性は自分がセフレを欲しいと思うのは、素直に受け入れますが、女性がセフレが欲しいと思うのは受け入れられない。
そんな人は少なくありません。
ですがそもそも考えてみて下さい。
あなたがやれるアプリを利用してセフレを作る事が出来るのは、セフレを作りたいと思う女性が存在するからです。
男性しか存在しなければ、どう頑張ったところでセフレなんて作りようがありません。
セフレを作って、女性の身体を都合よく扱っておいて、一方では自分の彼女がセフレを作れば幻滅をする。
それっておかしくないですか?
あなたも恋人がいるのにセフレを作っていたら、恋人がセフレを作っていても、本来であればお互いさまですよね。
ですが、そうなった時に、一方的に怒るのではあまりに理不尽だと言えるでしょう。
そもそも恋人がセックスに満足出来ずセフレを作る事になった訳ですから、自分自身の責任だってあるわけです。
もちろん、セフレは恋人にはバレないように付き合う事が原則ですが、男性は自分はセフレを作る事はOKなのに、恋人はセフレを作る事は絶対にNGと考えている点が問題であるといえるのかもしれませんね。
貴方がセックスしているセフレだって、誰かの恋人の可能性があるという事を理解する事が重要です。